ロカボで-10キロ!ダイエットと旅とイギリスと・・・

ローカーボダイエット・旅行・本・イギリス・料理のどれかを風の吹くままに・・・

ローカーボダイエット14 乳製品

All right, love?

こんにちは。今日もロカボの食べて良いものリストからです。 今日のテーマは乳製品。私は大好きです。なくては一日も生きていけないと思う食べ物。

Dairy products: Always select full-fat options like real butter, cream (40% fat), sour cream, Greek/Turkish yogurt and high-fat cheeses. Be careful with regular milk, reduced fat and skim milk as they contain a lot of milk sugar. Avoid flavored, sugary and low-fat products.

乳製品:高脂肪のものを選ぼう。本物のバター、生クリーム(脂肪分40%)、サワークリームギリシャヨーグルト、チーズなど。牛乳は乳糖を含むので(量に)気をつけよう。コーヒー牛乳のような味付きは砂糖が多いので避けること。低脂肪も身体に良いわけではない 牛乳のみ、注意が必要です。それ以外はガンガン食べましょう。

 

前にも書いていますが、世の中の乳製品を忌み嫌う風潮、許せません。自然な食品なのに。乳製品文化がないとはいえ、否定されるいわれはないと思います。「バター・クリームなしのお菓子」なんて食べる価値も作る価値もない、と私は思っています。バターの代わりにサラダ油で作るなんてもう最悪。アレルギーの人以外は豆乳に置き換える必要もない。糖質的には豆乳は牛乳と変わりません。大豆は割と糖質があるのです。

イギリスに住んでいたとき、乳製品だけは日本よりずっと美味しかったです。牛乳も濃さが1%から10%まで選べ、気分で変えることもできました(日本は3.5%が一般的)。飲用は~2%のもの。3.5%以上は料理用のイメージです。濃いものはシリアルにかけるとごちそうでしたね。チーズも本物のチーズだから美味しかったなあ(日本のプロセスチーズは本物のチーズを加工したものです)。濃度2倍の生クリーム、ダブルクリーム。そのまま苺にかけても最高だし、クリームソース作りも簡単。あと、スコーンに付けるクロテッドクリーム。ああ。食べたい。

ではまた
人気ブログランキング