ロカボで-10キロ!ダイエットと旅とイギリスと・・・

ローカーボダイエット・旅行・本・イギリス・料理のどれかを風の吹くままに・・・

ストラトフォードアポンエイボン

お題「好きな街」

 

好きな街というテーマで書くのは心の故郷 Stratford-upon-Avon

この近くの街に住んでいたのでよく遊びに行っていました。今もバーミンガムに友達がいるのでイギリスに行ったときは必ず行きます。
Birminghamからは小さい方の駅Snow Hillから一時間。美しい田園風景を眺めながらの旅。切符を買うときなど、Stratfordという街は他にあるのでこの長ったらしい名前をいちいち使うこと。到着した鉄道駅から街は少し離れているが、皆についていけば中心に着く。 

ここはシェイクスピアの生まれた町で、これは奥さんの家。当時のままの美しい佇まい。庭もきれいで栽培した花の苗を売っている。『7人のシェイクスピア』という漫画の中で、ストラトフォード時代のエピソードはこの家を舞台に書かれていました。その中で宗教改革ネタもありましたが、こういう古い家には大体?当時の秘密部屋や抜け穴があったりします。ウィル達がカトリック牧師を匿っているという設定は奇抜ではありませんよ

 

f:id:mochafudge:20170918003119j:plain

 こちらがシェイクスピアの生まれた家。

 

f:id:mochafudge:20170918004221j:plain

シェイクスピアの娘の家なども残っていて見学出来ます。

ストラトフォードアポンエイボンシェイクスピア関係で世界中からの観光客もいっぱいいますが、地元の人のデートスポットでもあります。

f:id:mochafudge:20170918115852j:plain

街並みはチューダー様式が素敵。木の梁が特徴的なハーフティンバー。茅葺き屋根なら完璧。古いので床は凹み、家は歪んでるけどそれも味。御殿みたいなヴィクトリア様式(白い壁に装飾が施されエレガント。床は大理石、天井にはシャンデリア)より趣あるよね。上の写真はホテルです。こちらでクリームティ(スコーンと紅茶のセットをうやうやしく給仕されて食べること)も素敵な体験です。

f:id:mochafudge:20170918120433j:plain

ここは中世からパブをやってるというガーリックイン。床でこぼこなんでこけないようにね。

f:id:mochafudge:20170918120741j:plain

ロイヤルシェイクスピア劇場。この劇場の裏側、川沿いにセルフサービスの気軽なカフェがあって、ボート遊びpantingしてる人を眺めながら寛ぐのにぴったり。そしてこの劇場の周りは劇場の周りはホーリートリニティ教会まで公園となっていて、ピクニックに最適。地元民憩いの場です。家族で寛ぐもよし、カップルでいちゃいちゃもよし。木陰でアイス食べたり、渡し船に乗ったりしてのんびり過ごせる。すぐそばにFish & chips屋さんがあるので、take awayして食べてる人もいっぱい。半人前のminiを注文しても全然食べきれないから気をつけて。*1

 劇場横の河にはいつも白鳥がいて食パンのかけらをまくと面白いほど寄ってくる。和むなあ。イギリスでは鳥にえさをあげても怒られたことはない。皆あげてるし。イギリスって和む国ですよ。

<Stratford-upon-Avonからの日帰り旅> 
・Warwick 16番のバスで30分。状態の良い城がある。ハチミツ色じゃない石造りの町は中世のまま。2階建て観光バスでも行けるようになった。 
・Kenilworth WarwickからX17番で20分。ここも城下町だが、城は崩れている。でもそこが格好いい。ガイフォークスの花火をここで見ました

ではまた。 


人気ブログランキング

文中の漫画はこれです。景色が忠実で感心します。

新装版7人のシェイクスピア第一部(1) (KCデラックス ヤングマガジン) [ ハロルド 作石 ]

価格:1,080円
(2017/9/18 18:05時点)
感想(0件)

 

*1:イギリス英語では持ち帰りはtake away