ロカボで-10キロ!ダイエットと旅とイギリスと・・・

ローカーボダイエット・旅行・本・イギリス・料理のどれかを風の吹くままに・・・

ハロウィンに🎶青いトマトのスープとガイ・フォークスの思い出

熟してない緑のトマトで作った緑のスープ。魔女っぽいかな?

Halloween はイギリスでは子どもが遊びでやる程度なので、日本の現在の方が派手かなあと思います。日本人の勘違いがすごい気がする…ストレス溜まってるんですね。発散できるならいいか。

向こうに住んでた時

Trick or treat?

と言って家を回ってくるのが可愛かったです。

Happy Halloween 🎃

なんて言葉は聞いたことがないので、あれ、正しいのか不思議…アメリカでは使うんでしょうか?

スコットランドではカブをくりぬいて、ジャックオーランタンを作るらしいです。そうらしいとしか知らないけど…

イングランドでは、11/5 にGuy Fawkes Day という秋の大イベントがあります。ガイ・フォークス一味による議会爆破事件の失敗を記念して(?)この日は祝日。

このイベントはとってもクレージー。一日中、爆弾をイメージして爆竹を鳴らしまくり、暗くなったら花火もします。自分でもあげるし、各地でちゃんとした花火大会もあります。花火大会に行く人もいれば、家でパーティする人も。私は寒いのでパーティ派でした。
私の住んでた田舎町では一週間前からGuy Fawkes を始めちゃう若者がたくさんいたので、もう大変。毎日、花火と爆竹がうるさいったらない。ストレス溜まってるんですね 笑

一番派手な当日はうちの猫ちゃん、部屋で震えてました。かわいそうに。

正式にはガイ・フォークス人形をかがり火で焼くというのもあるようです。カトリックプロテスタントの執念を感じますね( ̄▽ ̄;) ガイ・フォークスカトリックだったそうです。

でも花火とかがり火って古代宗教的な感じもするので、もとはハロウィンと同じものだったのかもしれませんね。そんな深読みしてる人はいなそうだけど。

友達になんでお祝いするの?と聞いたら答えは「議会政治が守られた日だから」でした。こんなに熱くうるさく議会政治を守ろうとしてるイギリス人。日本人も見習っては?

ではまた